パジャマを脱がして。

思ったこと、考えたこと、コンプレックスを記録するブログ。

70kgから45kgまで痩せた話①

 夏も終わりに向かっていますが、TLには毎日のようにダイエットに勤しむ方々が日々の頑張りや辛さ、投げ出した旨を報告してくださっています。また、私も万年ダイエッターの一人です。

 タイトルの通り、私は70kgから45kgまで痩せました。2年かかりました。年数から察せるように、ジムに通ったりサプリを買ったりエステに通ったわけではありません。貧乏学生でしたので。

 今回は貧乏大学生だった私がどうやって痩せたのか、痩せて良かった話、悪い話などをまとめますのでダイエット戦士のみなさんの参考になりますように。

 

f:id:lipaze:20160823134954p:plain

 

  1. ダイエット前のスペックと太り方
  2. 痩せた方法と今も継続していること
  3. ダイエットで変わったこと・明るい話編
  4. ダイエットで変わったこと・暗い話編
  5. まとめ

1.ダイエット前のスペックと太り方

 ダイエット前のスペック(最重量値)とダイエットの結果(最軽量値)はタイトルの通りですが、現在の結果も含めて、もう少し詳細に示しましょう。

 

○スタート時     ○ピーク時     ○現在

年齢:18歳     年齢:20歳    年齢:23歳

身長:165cm →  身長:165cm → 身長:165cm

体重:70kg     体重:45kg      体重:48kg

                  体脂肪率:22%

                  *体脂肪率は現在しか計測していません

 ピーク時と比較したら現在は少し重たくなりましたが、身長を考えたらまずまず問題ないと思っています。BMIだけで見たらギリギリ注意されない程度ですので、個人的にはもっと筋肉をつけたいところです。

 ここに至るまでの道を書いていくのですが、その前にどんなデブだったのかを振り返ります。

 デブにも色んなパターンがありますので、思いつくだけ簡単にまとめました。

①脂肪・ぜい肉デブ

②むくみデブ

③骨太・筋肉デブ

④お薬の副作用

⑤上記のハイブリッド種

 と、言ったところでしょうか。についてはお力になれないです。まずは治療を終えることに専念しましょう。副作用で太るから…と言って、勝手にお薬さぼっちゃいけませんよ。その方がデブであることより、もっと辛い思いをしますからね。の方はお医者様とお薬のタイプや、日常生活で気を付けることなど相談してみてくださいね。ひょっとしたら少しだけでも改善するかもしれません。

 さて、あなたは残りの4つのタイプのどれでしょうか?恐らくですがが一番多いと思います。私もが合わさっていました。自分の経験をまとめるので、もしかしたらの方はあまり役に立たないかもしれません…ごめんなさい。もともと骨太ではありません。

 では、どうして私がデブになったかと言いますと食べ過ぎ&運動不足です。王道デブです。

 私がデブになったのは高校生でした。小学校6年間は水泳を習い、中学時代は駅まで30分自転車を漕ぎ、20分電車内で立ち、さらに20分歩いて通学していました。部活は文化部だったのでそれ以上の運動はしていなかったですが、健康診断は全く問題なく、むしろ痩せている方でした。

 ですが高校生になってから色々と変化してしまいました。中高一貫校に通っていたため通学手段は変わるはずなかったのですが、家庭の事情で母が学校近くに転勤することになりました。そのため通える時は親子一緒になり、私は母の運転する車で通学することになってしうのです。

 車通学は楽でした。電車に間に合わないと!というプレッシャーもなく(田舎だから1本逃すと次は1時間後)、雨の日も雪の日も濡れないし、寒くなく暑くなく、座っていられるから予習もできる…母とケンカさえしなければ快適空間です。

 ここでみなさんの頭に「運動不足」がよぎったでしょう。その通りです。

 しかしもっと強力なデブの沼に引きずり込まてしまったのです。

 それは「おやつ」です。

 母は元々他人に食べ物を与えたがる人間で、「成長期なんだから食べないと!」と言行きも帰りも何かしらを食べさせてきました。正直、朝ごはん食べたばかりだし、帰宅したらそんなに待たずに夕食なんだから何も食べたくありませんでした。それに私自身大食いではありません。

 しかし母は断られたり、意見に反対されると激しく怒り、後日まったく関係ない時も「あの時…」と持ち出すタイプで非常にめんどくさいため、出されたおやつは食べていました。

 「もっと食べないと!」は食事にも反映され、食べたくないのに大盛り、食べたくないのにデザート、と言った具合で辟易しておりました。

  また、母が夜勤や習い事のため私が食事を用意する時にも、母が用意した材料すべてを使いきらなくてはいけないルールがあり、これもなかなか手ごわかったです。自分で作る時くらいは自分の好きなものを、好きな量だけ食べたいのに、ルールを破ると怒られるしな…と思い、仕方なく従っていました。

 おかけで高校1年の秋には50kgなかった体重は60kgに、高校を卒業するころには70kgまで増加しました。

 さすがにヤバイとは思っておりましたが、ダイエットの決定打となったのは大学入学前にスーツを買った時でした。

 

 スーツのサイズ、13号。

 

 13号。

 血の気が引きました。

 同時に「あっ、私ってほんとにデブなんだな。」と妙にしっくり来たことも覚えております。

 試着したスーツを汗をかきながら脱いでいる最中、せっかくのキャンパスライフ、汗と脂で汚したくねぇ!!!と奮起し、入学と同時にダイエットを決意したのでした。

 

 ②からはダイエットの方法などを書いていきます。