パジャマを脱がして。

思ったこと、考えたこと、コンプレックスを記録するブログ。

お笑い芸人の優しさのバランスの話

 明けましておめでとうございます。

 お正月前後はお笑い番組が多くて嬉しいです。

 わたしは普段テレビは見ませんが、ひたすらネタが披露されるタイプのお笑い番組(エンタとか)とアニメはよく録画します。本記事は2016年見たお笑いに対する雑感をつらねたものです。

 

 2016年のお笑いって、優しいネタが多かったですね。キングオブコントで披露されたネタの多くが、シュールと思いやりのミックスだったのが印象的でした。

 それとピコ太郎のPPAPや平野ノラのバブル芸もブレイクしましたね。あれもバブル寒いわwwwとかならない上手いバランスだったと思います。個人的に、平野ノラは年末なにかの番組で不倫ネタでいじられるベッキーにシャンプーの銘柄聞いて空気を変えたのが優しいな、と思いました。

 そう言えば、ピコ太郎にしても平野ノラにしても、見た目が派手な人も多かったのでしょうかね。メイプル超合金とか。芸人は見た目のインパクトも大事だから全体的に派手なので、なんとも言えませんが…。

 メイプル超合金と言えば、カズレーザーの人生相談みたいなのが神ってるとネットで話題でしたね。一方を責めず、自分に自信を持つよう説くのはどの回答も一貫しており、自信を持とうって思わせる力が強いなと感じました。相方の安藤なつさんも「カズは頭がいい」とおっしゃっていましたが、賢さや思慮深さがいやらしくなくてカズレーザーの大好きポイントが爆上がりしました。メイプル超合金は、なつさんが「子ども欲しい」って言ったらカズレーザーが「俺が養子になるよ、頭バグってるけど」ってネタが面白かったです。

 

 しかし優しさネタと言うか、誰も傷つかない部分がピックアップされすぎると、それはそれで窮屈になってしまいそうだし、私は去年~年始の傾向に満足していますが「優しさの押し売りウザい」「毒っけがないのなら誰でもできる」といった人もいるし、それもそう…?と色々考えてしまいました。なんだかアメリカ大統領選挙戦のよもやま話を思い出しました、配慮しすぎてメリークリスマスが言えないとかの。

 個人的には多くのネタにおいて、優しさと笑いのバランスに満足しています。こういうテーマでこんなネタか~など、芸人の発想にはいつも笑わせてもらっています。この記事だけだとキツい芸が嫌いと思われそうですが、そんなことありません、好きです。ですがキツい芸はコント等の中に納まっているのなら好きなのですが、バラエティ番組などトークの部分になると苦手です。ですから、司会者やゲストのトークが挟まれないタイプのお笑い番組が好きです。バラエティ番組が苦手ってことも、いつか書こうと思っていますが、何せ筆無精なもので書いておりません。

 

2017年はどんな芸人が流行るのかな、もう界隈の人は予想しているんだろうな、など期待しながら筆を置きます。