パジャマを脱がして。

思ったこと、考えたこと、コンプレックスを記録するブログ。

昔のセフレを忘れたい

21歳の時に好きな人がいた。

 

とは言っても彼氏じゃなくて、先輩で、セフレだったわけだけど。

 

研究の指導してもらったり、将来の話聞いてもらったり、一緒に食事したり、共通の知り合いと騒いだりするのと同じようにセックスしてた。

 

初めてやった時は「あーこんな感じになるわけね」っていう感想だった。

 

別にひどいプレイを強要されたり、お金や時間を無心されるわけでもないし、この人に恋愛感情はあるけどお互いの進路を考えれば長いお付き合いは無理だし、まあいいやって軽い気持ちでいた。

 

たぶんむこうも似た感じだったと思う。

 

良くも悪くもフラットな関係だった。

 

口に出して「わたしたちセフレ関係ですよね」って言ったことはないけど認識のズレもなかったし、お互い恋人関係になろうってアクションもせず、その当時付き合ってる人もいないどうしだったし気楽だった。

 

わたしも先輩も周囲から付き合ったの?って聞かれることもあったけど、二人とも付き合ってないって答えていたし、進展も後退もなかった。

 

セフレになる前からわたしが先輩のこと好きだったのもフラットでいれた要素かもしれないけど。

 

実質付き合ってるようなものじゃない?って言う人もいたけど、どうもそんな感じではなかった。

 

若い恋人たちの甘い雰囲気とかとは違うし、お互いの欲のはけ口ってほど荒んでもなく、落ち着いた関係だった。

 

今お付き合いしている彼氏には大きな問題点はない。

 

むしろとても優しくて、わたしのことに真摯で、仕事や趣味に打ち込んでいる姿はとても良いものだなと思う。

 

恵まれた恋人生活を送っている。

 

それなのに時々彼氏の横に収まりの悪さを感じてしまう。

 

彼女として期待に応えたいって勝手に気負って、好きな人のセフレは楽だったって逃げてるだってわかっているんだけど。

 

彼氏ができるといつもこうだ。

 

勝手に自分で後ろめたいことばかりやってるのに、後ろめたいから正面から向き合えない。

 

セフレが楽なんじゃなくて、セフレが限界って気づかせてくれたのかもしれない。

 

なんて言い訳しながら、今日も彼氏へ送るかわいいラインを考えるのだ。